癒す

Relaxation

〜マシンケア〜

HIFU(ハイフ)

 

正式には「High Intensity Focused Ultrasound」、高密度焦点式超音波のこと。
超音波で気になる脂肪に狙いを定め、ピンポイントでエネルギー放出。
その照射温度は32度~62度と高熱で、虫眼鏡で太陽の熱を一点に集め紙を燃やすイメージです。
医療現場の前立腺がんを焼き切る治療方法を応用し、高熱で脂肪細膜を壊して脂肪胞を出します。
そして超音波振動で脂肪細胞を乳化し、水分とエネルギー分に溶解。
切らない脂肪吸引と言われる最新痩身マシン。フェイシャルですと、皮膚の深層にあり皮膚の土台であるDMAS筋膜にピンポイントで熱刺激を加えリフトアップ!
自己修復を促しコラーゲン、エラスチンを生成し肌の蘇がえりを実感できます。

menu_HIFU_edited.jpg

ラジオ波

 

非電離放射線という安全な電磁波で高周波の一面もあります。
超音波とラジオ波の違いはありますが、作用はHIFUと同様。
ラジオ波は熱を内側から発生させて体内を3℃~7℃上げ、芯から温め冷え改善のメリットも!
代謝が上がるので、脂肪が燃えやすい環境作りやコラーゲン、エラスチン生成で美肌にも繋がります。

menu_radiowave_edited.jpg

キャビテーション

 

船のスクリュー回転で気泡が生じ弾ける液中の物理現象の「Cavitation」。
メガネ屋さんに置いてある洗浄機もこの現象を使い、超音波で水中に無数に発生した真空の気泡が、破裂しその衝撃波で汚れの塊を粉砕してきれいに仕上げます。
医療現場では尿路結石などの石を砕くのに使われています。
それをエステにも応用し、脂肪細胞に老廃物が絡みつき固く肥大化した脂肪細胞を破壊するマシンが開発。
セルライト太り、固太りタイプの方におすすめ。

menu_Cavitation_edited.jpg

EMS

 

EMSの略は「Electrical Muscle Stimulation」。電気的な筋肉への刺激を意味します。
医療用として開発され、スポーツ選手のリハビリテーションなどが始まりですが、 今ではエクササイズとして多く活用されています。
メゾットのところでお伝えしていますが、脂肪からエネルギーとして体内に放出したら、 消費してリバウンドをさせないのがポイント!その消費を担当するマシンがEMS。
直接筋肉に電気刺激を与えて収縮させることができ、脇腹や二の腕など鍛えたい部位を効率よくボディメイクできることができます。

menu_EMS_edited.jpg

〜オリエンタルケア〜

かっさ

東洋美容で最も古くから伝わるデトックス療法。経絡の流れに沿って体を専用ヘラで擦り、 体内に滞った気血水のバランスを整え「瘀血オケツ」と呼ばれる老廃物を含んだ汚れた血を排出する療法です。
「瘀血」が出されると「気血水」の巡りが促進され、五臓六腑の本来の働きがスムーズに行われるので頭痛、首肩こりなどの緩和、病気の治療や予防、健康維持、美容などに親しまれています。
楊貴妃や西太后といったお姫さまたちの美の秘訣の欠かせないアイテムでした。

menu_kassa_edited.jpg

カッピング

 

カッピング内臓の反射区や経絡、コリ痛みの箇所にカップをあて、真空にし「瘀血」を吸い上げます。
かっさと同じ作用ですが、強力で頑固な痛みに最適です。
また「瘀血」だけでなく、体の中の余分な水分や冷えを取ることもできる優れものです。

menu_cupping_edited_edited_edited.jpg

漢方アロマ

経絡トリートメント

 

手の温かみの癒し効果は絶大で経絡に沿ったハンドトリートメントは定番の人気!
体だけではなくお顔のツボや経絡の流れを整えると美容効果も高まります。
その際に使用する塗る漢方と言われる神気漢方アロマオイル。
複数の漢方成分が特定の経絡に入り、その経絡とつながる内臓に直接働きかけることができる古来から伝わる処方で画期的な精油。
五臓別または症状別のラインナップの中からお客さまの体質、症状の合わせて選択し、中から補う役目を果たします。

menu_aroma_edited.jpg

よもぎ蒸し

 

腕の皮膚の吸収と比べると42倍というデリケートゾーンの粘膜からよもぎの蒸気を吸収させるKorea伝統療法。
代謝UP、子宮を温め婦人科系の改善や妊娠しやすい子宮環境を作る、美容に良し!の温活セラピー。
サロンではよもぎだけではなくお客様の体調に合わせた漢方ハーブをブレンド。
またオーガニック素材で安心安全。
体内の脂や老廃物をよもぎが煮出し椅子の下にあるツボに溜まるので、よもぎ蒸し後のツボチェックも興味深いと人気。

menu_yomogi.jpeg

光触媒ホワイトニング

 

痛くない・しみない、日本人の歯質に合わせて歯学博士が開発したLEDホワイトニング。
歯に塗布するホワイト溶液は食品や化粧品にも使用される「酸化チタン」で安全性のたかいもの。
光触媒を起こすにはある特定の波長が必要なため特殊LEDの光をあてます。
それにより歯に付着した色素沈着を分解除去、防臭、抗菌、コーティング作用で歯を白くしながらオーラルケアが実現。

menu_whitening_edited.jpg